歌の楽しさ 歌う楽しさ

爽やかな秋空です。

「友香さんが軽い感じで歌っていたの」という曲。
ヒロコ先生の「ハモってごらん」という声に、自由にハーモニーを重ねて、どんどん転調をして、楽しく軽やかに。
友香先生の声がそこに聞こえる。もうすぐ亀渕友香先生の一周忌です。

今後のライブに向けて、本格的にクリスマス曲の練習も行いました。
季節限定の曲、ベテランメンバーでも期間があいてしまうと不安なところも。新しいメンバーには難易度の高い曲ばかり。
ガッツリ取り組まなければ!と気合いも入ります。

自分がどうすべきなのかしっかり考えて!
自分がこうしたいという主張をもっとして!
ここは高らかに、ここはドラマティックに仕立てて・・・
ヒロコ先生の「今日はスパルタなの」という要求さえも、嬉しく心地いい。頭も感性もフル回転の練習。歌のことだけを思い、歌うことだけの時間が、ただただ気持ちよくて楽しいのです。

歌い姿を開いて大きく! 自由に身体で表現して!
歌の楽しさを、歌うことの楽しさを、聴いてくださる方々にお伝えできるように。
ライブについては近日公開予定です。お楽しみに~。

「背中で語れ!」

2週間前、
1日に2本のライブに出演したゴスペルトレイン。
みなさんの感触はいかがだったでしょうか?

ライブの魅力に取りつかれ組。
集中力、緊張等の反省組。
すでに遠い昔…組。さまざまだと思われますが、
まだまだライブシーズンは始まったばかりなんですね。

さて、今日のフォローアップ練習は予告どおり最初にVOCHAをやり遂げました。

つづいて、これからのライブに向けて
最近の曲は、レベルが下がらないようにていねいに。
久々の曲は、身体に染みついているメンバーを中心に記憶を掘り起こしながら
じっくりと歌いました。
パートごとに歌うのは気恥ずかしいものですが、
お互いこんな複雑なメロディを歌っているのか感心しきり。

加えてヒロコさんからいただいたメッセージを多少、意識している私たち。
立ち方を考え、そして後ろ姿で語りました。
本番、修正を繰り返しながら成長していくのが楽しみですね。

練習前、お天気を味方につけて
機材係の機材お引越しも無事に終了。
代表たちの背中が盤石な組織力を語ることを実感。

ゲネプロ3本!

秋、ゴストレのライブシーズン到来です。

ライブ3本を1週間後に控え、今日1日でゲネプロ(最終リハーサル)を3つこなさなければいけません。

先週のボイトレの成果を実感して、今日も一段と良い声が出そうな気分♪

幼稚園のホールに入ると、すでに機材が運び込まれ、さながらどこかのスタジオのような雰囲気です。メンバーの気持ちも一気にライブモードへと切り替わりました。

ライブは、9月29日(土)に2つ、翌日30日(日)に1つ。どのライブに出るかは人それぞれですが、本番の立ち位置から曲のアレンジ、マイクとの距離など、今日確認することがたくさん。3列目で歌うのは気が楽だけど、スタンドマイクを前にして歌うのは緊張する… なんて人もいるのかな?

当日はとても楽しい時間になりそうです。みなさま、ぜひゴストレの歌声を聴きに来てくださいね!

詳しい場所や時間はライブインフォメーションをご覧ください。

歌詞に思いをはせて・・・

9月に入って一週間が経ち、それでも夏の熱気が冷めない中、それに負けない熱い練習が始まりました。
練習するのは、これからのライブで歌う予定の曲目。おのずと力が入ります。
1曲ごとに、「休符はちゃんと休んで、あせって次の音にいかない」「この曲は音を丁寧に」などと先生からの指導が。皆一生懸命についていきます。

今日の先生の言葉で印象に残ったのが、ただ歌うのではなく、歌詞の意味を感じる事が必要だということ。
ゴスペルは、黒人霊歌がもととなっている宗教歌。
でも、キリスト教を必ずしも信じているわけではない私たちは、歌詞の意味より、音を楽しむことをメインにしているのかもしれません。
でも、「神様」を「自分の大切な人」に置き換えて、歌詞の意味に思いをはせてみるといいのかもしれませんね。

小休憩をはさんで、今回もVOCHA、やりました。
少人数だと、一人一人の声が聞けるので新しい発見があります。

次回は外部からの先生をお呼びしての特別講座です。
今から楽しみです!

 

ヒロコ先生あってのゴストレ

今日から9月。ゴスペルトレインの新学期もスタートです。
2008年8月からご指導くださっているヒロコ先生とのお付き合いも、この秋から11年目に入ります。

ヒロコ先生とは、これまで以上にさらに共鳴しあえるような関係を持ちたいですね!
ライブやイベントの続く季節に向け、ヒロコ先生の指導も熱気を帯びています。
それに必死に食らいつくゴストレメンバー、一生懸命に声を合わせます。

リズムに乗るためにステップを踏み手を叩く。
それだけでもギクシャクしているのに、ヒロコ先生から新しい振付けもご提案。
さてさて、歌うことで手いっぱいの我々ですが、先生のご提案はライブで実演されるのでしょうか?

熱気むんむんの中、曲調の違う数曲を歌い終え、練習後には3ヶ月に一度の定例役員会議が行われました。

今後のスケジュールやライブ計画、各係からの報告や今後の課題及び改善策等について、円滑な進行の元、いくつもの案件について討議されました。

次回の練習は9月8日、羔幼稚園にて通常練習です。

 

 

ライブに向けて

ざわざわわ~。
先週は少し涼しくてCOOL!なんて浮かれていたら
今日は真夏の暑さプラス気持ちがざわざわする位の風が吹き荒れました。
梅雨明けが六月と早い分、夏の疲れもたっぷりと溜まる頃です。
体調不良でお休みの方も何人かいらっしゃって人が少ないかと思いきや
多くの参加があったフォローアップ練習になりました。

発声の後、早速3回目VOCHAに挑まれたメンバー。
名曲を堂々と熱唱。そして称賛の拍手。

さらに沁みるピアノの音色と、アフリカの民族楽器『ジャンベ』の
軽快な音とリズムに引っ張られてみんなの調子もぐんぐん上がっていきました。

これからのライブシーズンに向けて、数々の大曲、難曲もソロが入ってCOOL!
クワイヤも自然に気持ちが乗せられて生き生きとした
コールandレスポンスになりました。

変則の気候に負けず、楽しく共鳴しながら
健やかに歌っていきましょう。

 

COOL!

あんなに暑かった毎日が、お盆を過ぎた途端涼しくなり
爽やかな風に包まれながらヒロコさんとの清々しい練習になりました。

2週間のフォローアップ練習と先週のお休みでリフレッシュしたせいか
各々実力をつけ、気力も充実して臨みましたが、
課題がたくさん見つかり真剣そのもの。

これからの季節、ライブが増えると予想しているゴスペルトレイン。
クールで、より良いステージにするために企画メンバーが動き始め
Tシャツ販売に向けて見本を展示するなど
衣装係も準備に取りかかっています。

あっという間に秋色に染まって
クリスマスライブの頃には雪がちらつく中、
白い息を吐きながら「寒いね~」なんて…。

この先のゴスペルトレインの停車駅に思いを馳せながら
しっかり練習していきたいですね。
身が引き締まってより涼しくなった今日の練習でした。