新しい出会い。「岩崎ひろき氏」特別講座

今日は、ボイストレーナー・岩崎ひろき先生をお迎えしての特別講座。
新しい試みに、ワクワク・ドキドキ・・・

6月に行われた「のはらヒロコ祭・食べて唄い、呑んで歌う会」が、岩崎先生とゴストレとの出会い。その場であっという間に交渉を成立させ、今日のボイストレーニング特別講座が実現したのです。
我がゴストレ幹部、流石です。グッジョブ!

前半は、「声」の講義。

講義といっても、喉や口の細かいパーツを意識し、実際に様々な音色の声を出してみました。喉や鼻の変化を確かめながらの説明はとてもわかりやすい。また、有名人の声色の例をたくさん挙げていただき、イメージも明確。真似をしながら声を出してみて「こうしたら、こんな声が出るんだ」と新しい発見。難しい理論を楽しく学ぶことができました。
でも、やっぱり難しい!
4種類の声を操ることができるようになるための、自宅でできるメソッドを教えていただきました。各自精進していきましょう。

後半は、課題曲を歌いました。
初めて歌う曲。1週間前にメールで発表され、個人個人での音取りでした。正直なところ不安だったメンバーもいたはず? ですが、汗だくで、熱い熱いご指導のおかげで「我がゴストレのレパートリーにしたい」と思うほどの仕上がりになりました。


首や肩、からだの使い方を変えるだけで、こんなにも声が出るようになるんですね。新しい自分自身との出会いに驚きです。前半の講義で学んだ、声色の違いも実践で活かして。ゴスペルっぽい発音やグルーヴ表現も教えていただき、パワフルな歌になりました。
メンバーそれぞれが、「変わった」という感じを掴んだレッスンでした。今日できるようになったことを、確実に自分のものにしていきたいです。
今月末には、久しぶりのライブもあります。この成果をお披露目できる日も近い!!

特別講座終了後は、「ナマ一丁!」の掛け声とともに、ゴストレ恒例の打上げ。
岩崎先生にも、もちろん!ご参加いただきました。男性の人数が多いグループは少ないようで、ゴストレのイケメンたちに「もえる~」とありがたいお言葉。そして不思議な親近感もあるそうで・・・。メンバーはもちろん、先生にも楽しんでいただだけた一日でした。

食べて唄って、呑んで歌った夢の夜

雨だれの季節なのに、梅雨の晴れ間となった6月の日曜日。
ヒロコさんに教えていただいているそれぞれ別々のクワイヤが
東京、神奈川、埼玉、千葉から一同に集結し、
「食べて唄い、呑んで歌う」という大イベントが開かれました。

心のこもったヒロコさんからのお手紙と缶バッチを手に
ワクワクの中にも運動会の朝のような緊張、出陣の意気込み?で
ゴスペルトレインも池袋をめざしやってきました。

お店の中は満員で(なんと110名!)飲み物を全員が手に乾杯するまで、
素敵な料理をとる間も、もちろん歌いながら…。

身体全体を使う表現者多数あり、声量のある聴かせる人々あり、
いつもとは違う空気感が心地よく次から次へとみんなで
食べて唄い呑んで歌い続け、夢のような時間を過ごしました。

歌は心を一つにしてくれます。
無心で歌って高揚して、楽しくなって可笑しくなって
キモチが温まって泣けてきて、心がゆさぶられました。
知らなかった者同士腕組んで、肩組んで
ヒロコさんを中心にゴスペルを楽しむ仲間たちがお互いに通じ合えた
特別な夜になりました。

ヒロコさん「いつもいつも感謝しています。」

たくさんの刺激を受けて《組織力の千葉》も今夜は眠れそうにありません。

2018年度定例総会開催!

4月21日の練習後、今年も恒例のゴスペルトレイン定例総会が開催されました。
この日は毎回練習→総会→懇親会とハードスケジュールです。

定例総会は、ゴスペルトレインがより良く進化するための話し合いの場、確認の場。
これはすべての活動を自主運営で行っている私たちならでは。


まずは資料配布から


定例総会スタート

とはいえ、回を重ねて17回目ともなるとみなさん心得ていて進行もスムーズです。
緊張感もありつつ和やかな雰囲気で進みます。


本日の司会Kさんの円滑な進行


会計報告中


報告が終わってこの笑顔

 


承認事項もスムーズに


さらに各係からの連絡・報告と続きます


時間に余裕があったので最後は全員自己紹介


新人さんから旧人さんまで。ゴストレ歴を聞いて意外な人も

そして、定例総会のあとはお待ちかねの懇親会。
こちらも毎年恒例です。
今回は練習会場近くの中華屋さんで。


乾杯!!


普段はなかなか話せない他のパートの人ともおしゃべりするチャンス!


毎回しっかり仕切ってくれる宴会係メンバー

恒例の集合写真は来週のお楽しみ。

みなさま、お疲れさまでした!!
今年度も楽しく歌いましょう♪

新年会2018

今年の新年会は例年より遅めの開催となりました。しかし、宴会係の気合も、メンバーの余興にかける情熱も、まったく変わらず、いや、いつもより燃え上がっていたかも!?

当日、練習は普段通り熱く激しく終わり、徒歩で毎度お世話になっているアート・サロンさんへ移動。席は抽選の時もあるけど今回は自由、子育てで休会中の方も子連れで参加されたり、ご家族も一緒に来られたり、とてもにぎやか。なんだか気分が高まってきます!
開会宣言はブルゾン◯◯◯with◯? 常に流行を追い求め、キャッチーな笑いをつかむことに貪欲な宴会係。さすがです。毎回の創意工夫、本当にお疲れ様です!

乾杯後、飲んで食べておしゃべりに盛り上がり、いい感じになった頃合いに出し物スタート。8組の猛者が通常の練習以外の練習を積み重ね、いざ出陣。みなさん助っ人まで手配したり、ほんと凝ってます。よくわからないエネルギーに満ちております(笑)。個別に記しませんが、ゴストレメンバーの新年会にかける意気込みが並々ならぬということは、しっかり伝えておきます!

今回は初めて、アートサロンのオーナーご夫妻が演奏を披露していただきました。ハーモニカで「アメージング・グレース」、マラカスが加わって「コンドルは飛んで行く」の2曲。人柄がそのまま映し出されたようなあたたかい演奏で、ほっこりしたひと時でした。ありがとうございました。

2017年のゴストレを締めくくるクリスマスライブ♪

街がクリスマス一色に染まった12/23の福楽園ライブは、

一年の締めくくりにふさわしいとても楽しいライブでした。
今年は、毎年恒例のMサンタに、可愛い相棒のHトナカイが加わって、私達もビックリ。

Mサンタのほとんど強引で突然なフリにもちゃんと答えるトナカイさんに感心、感心!

Mっちゃん、いつも盛り上げてくれてありがとう!
Sさんの優しく明るいMCとKさんの軽快なクイズ大会がライブに彩りを添えて、

飽きさせないライブだったと思います。観客の方も、手をたたいたり、すずを振ったり、

一緒に歌ったり楽しそうに参加してくださっていました。

「聖しこの夜」を日本語にしたのはよかったですね。

誰でも知ってる歌なので、歌ってくれた方が多かったようでした。

歌は誰でも簡単に参加できるところがほんとにいいところです。

とってもいい雰囲気でライブも終了し、恒例の打ち上げへ。

Hちゃんもお母さんに了解をとって参加してくれました。

おじさまとおばさま達が乱れていなかったか気になりますが、

一年を締めくくるいいライブと楽しい打ち上げでした(^o^)

熱烈なオファーを頂きました!某マンションライブ

一昨年に出演させていただいた、某マンションのクリスマスイベント!
おでんやフランクフルト、ビールなどの模擬店もあり、住民の方々はとても楽しそう♪
こどもたちの弾ける声も響き、とても温かい雰囲気のクリスマスイベントです。
昨年は、日程が合わず出演できませんでしたが、
ありがたいことに、今年は随分早いうちからオファーをいただいたようで、2度目の参加が実現しました。

ライブ前のゴストレの紹介でも、熱烈な歓迎ぶりが十分すぎるほど伝わってきて、歌う前から気分を盛り上げてくれました。
ライブは、クリスマス曲の他、カラオケを使ったノリノリの曲も織り込んで、たっぷり12曲。最初は上の階の方から見ていた方々がステージ前に降りてきてくれたり、手拍子や掛け声をかけてくれたりで、それはそれは気持ちよ~く歌いました♪
「Joyful Joyful」では、ラップソロK子さまが、思わずお客様のすぐそばまで行ってしまうほど。
「Total Praise」では、夕暮れの頃差し込む陽の光に、冷え切った空気の中吐く白い息が重なり、なんだか幻想的な感じでもありました。
冬のこの時季ならではのこの感じ、好きです♡

とは言え、カイロで冷え切った指を温めながらの演奏・・・ピアニストさん泣かせですね。
また、全4回のMCをソツなくこなしたS子さま、
ライブの企画、機材搬送、そしてそして、「ピンチヒッター俺」と初めての男性ソロ部分をカッコよくお努めいただいたKさま、大変お疲れ様でした~♪

ライブ後は、きれいに飾られたクリスマスツリー前で、しっかり集合写真を撮らせていただきました。控室でお弁当もしっかりいただき、とっても満足。
ステキなマンションでのライブ、是非、また呼んでいただきたいです。
そして、おなか一杯でも恒例の打上げへ~!
お店のおすすめ料理に目もくれず、おつまみ最小限でひたすら呑みまくった打ち上げなのでした。

ライブレポ担当:F田

近いのに遠かったあの場所「さや堂」で初のクリスマスライブ♪

ゴストレの練習場所からすぐ近くにあるこの会場で

ライブ企画担当の長~い準備期間からの入念なリハーサルを経て

ようやく自主企画のライブを実現することが出来ました(^^♪

しかも、ゴスペルの旬の時期「12月に」!

 

バンドを入れて全員マイクの前で歌った15周年ライブの時とは違い

生声の残響が活かされる事もあるけど、その逆もあったりするので

音響担当の方は本当に大変な挑戦だったと思います!!!

要所要所で使用していた「ハンドベル」は

あの静寂な空間の中で、更に耳を欹てるという効果がありました。

いつものゴスペルナンバーに加えて、小ユニット編成が素敵♪

それと、唯一の10代メンバーの彼女の前説と後説が最高の癒し!

 

結果、ヒロコ先生から「毎年恒例にすればいいのにぃ。」(←原文ままw)

と、感想を頂けるほどの、感動的なクリスマスライブになりました。

あとは、スタッフのネ申対応ぶりにも感謝m(_ _”m)

それぞれの持ち場の仕事を完璧に把握していてまさにprofessional☆

 

更には、今回特別に参加して下さったピアニストMさま

ライブに参加せず完全スタッフに徹したプロデューサーAさま

それから…急きょライブには参加出来なくなってしまったけど

ライブ企画メンバーで土台を作り上げてきたK教授とMちゃん

皆様のおかげで素敵なライブを無事お届けする事が出来ました!

そして、師走の慌ただしい中、ライブを見に来て下さったお客様

本当にありがとうございました。